山口県防府市の泌尿器科
かわい泌尿器科
クリニック

〒747-0836 山口県防府市植松559-1 コスパメディカルビル1F

診療時間
月火水金 9:00~12:30 14:00~18:00
   木 9:00~13:00
   土 9:00~12:30 14:00~16:00
休診日
日曜・祝日

お気軽にお問合せください  

0835-27-3111
0835-27-3110

医療事務さん募集のお知らせ

クリニックでは現在、医療事務さんを募集しています。(常勤パート

ご興味のある方は、まずはお電話ください。応募前見学も歓迎です!

前立腺癌

前立腺癌は増えているの?

増えています。本邦では、前立腺癌にかかる患者さんの人数は、2012年には胃癌、大腸癌、肺癌について第4位(男性)でしたが、2015年からは胃がん、肺がん、大腸癌を抜いて、1位(男性)になっています

一生涯で前立腺癌にかかる確率は 9%(11人に1人)で今後さらに増加すると予想されています。

当クリニックは、前立腺がん検診防府市指定精密検査医療機関です。お気軽にご相談ください。

遺伝的な影響はあるの?

第一度近親者(親・兄弟・子供)に1人の前立腺癌の患者さんがいる場合は、前立腺癌になる危険が2.5倍に上昇します。第一度近親者に2人以上の前立腺癌患者さんがいらっしゃる場合、危険性が45倍になります。

第一度近親者の癌発症年齢が若いほど,また父親と比較して兄弟に前立腺癌患者がいた場合,そして近親者の前立腺癌罹患者数が多いほど当事者の前立腺癌発症のリスクは高くなります。

男性型脱毛症(プロペシアⓇ錠)および(ザガーロⓇカプセル)、前立腺肥大症の薬(アボルブⓇカプセル)を内服されている患者さんは、PSAが見かけ上低くなり、前立腺癌が隠されてしまうので厳重な注意が必要です。これらの薬を内服されている方は、必ず医師に申告をお願いします。

前立腺癌になりやすい人は?

前立腺癌は民族や地域間で大きな差があり、特に欧米人ではアジア人の約10倍の発生率であるとされます。

しかし、米国へ移住した日本人の前立腺癌の罹患率は日本に住む日本人よりも明らかに前立腺癌になりやすいとされています。

このことから、食事などの環境因子が前立腺癌のリスクを高めていることが推察されます。

 ・肥満;特に悪性度の高い癌の危険と関係します。。

 ・高脂肪食;動物性脂肪を多く含む食べ物をよく食べる人。

 ・魚を食べない;魚を多く食べる人は前立腺癌になりにくいし、なっても

  前立腺癌で死亡する危険は低いとされています。

 ・喫煙;ヘビースモーカー(125本以上)あるいは40年以上喫煙している

  人は前立腺癌になった場合、前立腺癌で死亡する危険性が高いです。

 

どのように検査するの?

前立腺がんになると早期から前立腺で作られるタンパクの一種であるPSA(前立腺特異抗原)が血液中に出てきます。そこで現時点では血液中のPSAを測定するのが最も良い方法といえます。しかしPSAは前立腺肥大症や前立腺の炎症や高齢者でも高くなるため、どれだけ上がれば前立腺がんだというはっきりした基準はありません。大雑把に言えば2.54 ng/mlの範囲では5人に1人、4.110 ng/mlの範囲では5人に2人、10.120 ng/mlの範囲では5人に3人、20.1 ng/ml以上では5人に4人の割合で前立腺がんが発見されます。

前立腺癌の家族歴のある方には40歳代からの前立腺癌受診を推奨し,同時に家族歴のない場合にも高リスク群の同定のために40歳代〜50歳前半にPSA基礎値を測定することが重要性とされています。

進行癌が診断された症例の3分の250歳以下の時点で測定されたPSA値が上位20%(0.9 ng/mL以上)の男性であったことから,40歳代でのPSA基礎値の測定により将来の前立腺癌進展リスクの具体的な層別化が可能になると期待されています。

家族で前立腺癌の患者さんがいらっしゃる方は45歳以上、ない方は50歳以上で、血液検査(PSA)による検診が推奨されています。

検診を受けることで前立腺癌は、早期発見できる?

PSA検査を基盤とした前立腺がん検診の実施により進行癌や転移癌が減少することが証明されています。

PSA検査だけで充分?

PSA 値が基準値以下(≦4.0あるいは2.5 ng/mL)にもかかわらず直腸診で発見された前立腺癌においても、20 % は悪性度の高い前立腺がんであったことから,直腸診を除外するのは積極的な治療が必要な前立腺癌の見逃しにつながるとの意見もあります。

精密検査では何をするの?

PSA高値が持続する,あるいは直腸診の異常によって前立腺癌が疑われる場合は前立腺生検を考慮します。この検査は、エコーで前立腺を観察しながら、前立腺に針を刺して前立腺組織を612本取り、顕微鏡でがん細胞の有無を調べます。通常12日の入院が必要です。

生検は出血や発熱のリスクがあります。そのため、生検の適応には専門医による慎重な判断が必要です。PSA上昇速度、PSA 密度,年齢階層別PSA カットオフ値等のPSA 関連パラメーターやmultiparametric MRImp-MRI)を総合的に判断することで、生検をしなくて済む可能性があります。

診療時間

診療日
 
午前 ×
午後 × ×
診療時間

月火水金 9:00~12:30
     14:00~18:00
   木 9:00~13:00
   土 9:00~12:30
     14:00~16:00  

休診日

日曜日・祝日

お問合せ

お気軽にご連絡ください。

0835-27-3111