山口県防府市の泌尿器科
かわい泌尿器科
クリニック

〒747-0836 山口県防府市植松559-1 コスパメディカルビル1F

診療時間
月火水金 9:00~12:30 14:00~18:00
   木 9:00~13:00
   土 9:00~12:30 14:00~16:00
休診日
日曜・祝日

お気軽にお問合せください  

0835-27-3111
0835-27-3110

医療事務さん募集のお知らせ

クリニックでは現在、医療事務さんを募集しています。(常勤パート

ご興味のある方は、まずはお電話ください。応募前見学も歓迎です!

おねしょ(夜尿症)

おねしょとは?

5歳以上で、1ヵ月に1回以上のおねしょが、3ヵ月以上続くことです。

原因は?

・夜間の尿量が多い。

・膀胱が過敏。

・眠りが浅い。

・脳の発達の遅れ。

・遺伝的な影響。

どのくらいまで続く?

5歳で16%、小学校入学時で10%、10歳で5%、中学生で13%、まれに成人になっても続く(0.5%~数%)こともあります。

治療したら治るの?

小学校入学以降、1年ごとの治癒率は、未治療の場合が10~15%です。

治療を始めることで、おねしょの期間が2年以上短くなると報告されています。

おねしょがあるお子さんは大人になってからも、頻尿や尿が我慢できないといった症状がでやすい傾向があります。

治療の必要性が高いおねしょの症状は?

3回以上、おねしょがあるお子さんでは自然治癒率(治療をしなくても治る)可能性が低いです。

日中にもおしっこが漏れる場合やうんちが漏れる場合は、腎臓や尿管、膀胱、尿道、腸に大きな異常がある可能性があります。

おねしょの回数が多い場合や、日中にも漏れがある場合、早急におねしょに詳しい泌尿器科への受診をお勧めします。

生活で気をつける点は?

①日中に十分に飲水させる。

②朝食・昼食を十分に摂り、夕食を寝る前2時間前に済ませる。

③夕食後は水分制限を行う(コップ一杯まで)。

④寝る前2時間前からの水分は控えめにする。

⑤寝る前に必ずトイレにいってしっかり出しきる。

⑥昼寝を避ける。

⑦寝ている途中に無理に起こさない。

⑧寝ている間、寒さや冷えから体を守る。

 

お子さんと接するときの三原則

「起こさず」「あせらず」「おこらず」

おねしょをしなかった朝はたくさん褒めてあげてください!

病院での検査・治療法は?

・必要な検査

①尿検査:尿に血や蛋白が混じっていないか、ばい菌がいないかを調べるために行います。

②尿漏れの量の測定と、尿比重(尿の濃縮の程度)の検査:日中と夜間の尿漏れの量を調べます。夜間に尿がどのくらい濃縮されているか調べます。薬(抗利尿ホルモン薬;下記)を使う際に必須の検査です。

③腎臓と膀胱の超音波検査:腎臓と膀胱の形と大きさ、残尿の有無、構造的な異常がないかどうかを調べるために行います。

④尿流検査:おしっこを出す力や、排尿にかかる時間を調べるために行います。(便器でおしっこをしてもらうだけです)

どの検査も、全く痛くない検査です。お子さんも心配せずお気軽にご相談ください。

 

・お薬による治療

 ①抗利尿ホルモン薬:尿を濃くして、尿量を少なくする作用を持つ薬です。

 ②抗コリン薬:尿を多く膀胱にためられるように膀胱を安定させる薬です。

 

アラーム療法による治療

パンツに水分を感知するセンサーを取り付けておくて、おねしょの水分を感知してアラームが鳴ります。子供がそのアラーム音に気づくことによって排尿を我慢し、睡眠中の膀胱容量が大きくなっていくといわれています。

お子さんを起こして排尿を促すのが目的ではなく、寝ている間に排尿を我慢する訓練になると考えられています。

診療時間

診療日
 
午前 ×
午後 × ×
診療時間

月火水金 9:00~12:30
     14:00~18:00
   木 9:00~13:00
   土 9:00~12:30
     14:00~16:00  

休診日

日曜日・祝日

お問合せ

お気軽にご連絡ください。

0835-27-3111